ようこそ、ゲストさん! 登録はここ    よくある質問 サイトマップ ログアウト

アメリカ人妻の専用掲示板サイトです

ミリタリー妻と彼女の掲示板

米国の税金の話 (ミリタリーリタイヤ情報)

この掲示板ではゲスト投稿が禁止されています

10件表示 (全10件)

2015/4/4 11:41 msg# 1
MiraiNaoka  常連 居住地: 東京  投稿数: 120
はじめまして。

質問ではないのですが、皆さんのお役に立てればと投稿します。

夫は数年前に空軍をリタイヤして、リタイヤ先は日本です。

このたび、税金の問題が発生し、今まで夫まかせにしていた米国の税金のことを初めて調べ始めて約1カ月。かなり複雑で知らなかったことが多く、知っていれば申告していたことがたくさんあります。

たとえば、PCSの費用(米軍から払い戻されない部分など)
リタイヤして本国に帰ると決めたときの費用、リタイヤしたあとの家賃 (光熱費も)の申告による減税などなど。
それに、Resident Alien, Nonresident Alien, Nonresident Alien Spouse(私はこれに該当しますが、居住地によって違う)、 Green Card の所有などによって、税法がそれぞれ違い、それによって申告が違ってくること。日本所有の資産(があれば)など。
軍関係者の税法があることなど。

これから去年の分を申告するのと、前の年の修正申告にとりかかります。リタイヤしたときの年まで戻れるか、戻る気力があるかわかりませんが、できることをやってみたいと思います。

皆さん、領収書、レシート、契約書など数年取っておきましょう。

読んでくれてありがとう。


2015/4/5 4:57 msg# 1.1
lingo  お馴染み 居住地: California  投稿数: 33
私ももう少し税金について知らないといけないと思いました、ありがとうございます!


2015/4/5 7:44 msg# 1.2
minira  お馴染み 居住地: Hawaii and Japan  投稿数: 54
貴重な情報をありがとうございます。

もしよろしければ、参考になさったサイト、州によって異なるとは思うのですが、特に軍人の税制についてのサイトをお知らせいただけると、
大変ありがたいのですがお願い致します。


2015/4/6 19:45 msg# 1.2.1
MiraiNaoka  常連 居住地: 東京  投稿数: 120
こんにちは。
返信、投稿は初めてで返信が成功することを祈ります。

とにかく、莫大な指示書(instructions, publications)ですが、すべてIRSのサイトです。
ホームページの左側にArmed Forces と合ったような気がします。
(こちらを入力中はみられませんので、すみません。)
もうリタイアしたのでそこはチェックしていません。

Form 1040 Item 26の Moving expenses を調べていて軍関係の引っ越しに関して記載されていることに気付きました。

特にリタイアした後、米国に帰国する時の引っ越しのことが書かれてあり、そのまま日本にいて働いてしまった場合、申請できるかできないか、などなどいろいろなケースがありました。
日本で働いていてForeign Earned Income Exclusion を申請する時、家賃、光熱費,駐車場料金、初期契約費など申告して減税できることがわかりましたが、東京だとかなりの物件に住まないと、申請しても意味がないです。節約に努めて切り詰めているのに残念。

また何かありましたら投稿します。


2015/4/6 20:21 msg# 1.2.1.1
minira  お馴染み 居住地: Hawaii and Japan  投稿数: 54
ありがとうございました。

早速調べてみます。
ありがとうございました!!


2015/4/7 22:21 msg# 1.2.1.1.1
MiraiNaoka  常連 居住地: 東京  投稿数: 120
minira さん

ちょっと曖昧すぎて、たどりつきましたか。
今日もまたTaxのことを調べていて、プリントしたのがでてきたのでお知らせします。

Moving Expensesの様式3903のガイドのところに"Members of Armed Forces"とありました。
そこに"Retirees or Survivors Who Move to the United States"とありいろいろな例が書いてあります。
さらに米国内での引っ越しのことなどあります。

該当するのがありましたら、参考まで。



2015/4/20 20:18 msg# 1.2.1.1.1.1
MiraiNaoka  常連 居住地: 東京  投稿数: 120
また、話をぶり返してすみません。

今日申告を済ませました。

もう面倒だから、married, filing separatelyにしたほうが楽、と思ったのですが、計算してみるとジョイントにしたほうが返金されるとわかってから、ただただ一つ一つ調べるのみでした。やっとForm 1040のrefund までたどり着き、いろいろな領収書、証明書を持ってtax centerへ。

私が出した返金額よりさらに上回った額がでました。
夫が出していたら、逆に払うことになってました。

いまさらですが、今回でわかったことたくさんあります。

結婚していてジョイントにする控除額は大きい。(奥さんの収入の多い方には該当しないことがあります。)

医療費、その他もろもろをかき集めても、その控除額には到底到達しないのでItemized deduction は使わないことにしたのですが、就職活動の面接のための旅費、履歴書の作成費、通勤に自転車を使っている場合の自転車購入費とメンテナンス費、確定申告の費用など申告できるのですね。

お近くにタックスセンターがあったら活用しましょう。リタイア組も無料です。

今度は修正申告に取り掛かります。

読んでくれてありがとう。


2015/8/2 15:17 msg# 1.2.1.1.1.1.1
MiraiNaoka  常連 居住地: 東京  投稿数: 120
申告した金額が戻ってきました。
払っていた税金だけでなく、creditとしてもらうこともできるのですね。今更ながらわかりました。

調べていてわかったことがあります。

リタイアするとき、ベースからベースの外に住居を構えなければならなかったのですが、リタイアする時(最後の日)までOverseas Housing Allowance (OHA)がでたであろうこと。
初期費用や光熱費もその数カ月もらえたであろうこと。
エアコンのついていない物件だったのですが、その購入費も請求できたこと。ベースの外に引っ越すと家賃が発生するから、ぎりぎりまでベースに住んでいました。

PCSに関してですが、

国際運転免許証を取得したことがあったのですが、その費用も請求できたこと。(Dependentは除く)

PCS時は、飛行機代は軍から出るし、ロッジ(ホテル)代も支払った分が戻ってくるのは知ってましたが、その他、Expensesとして請求して払い戻されていたのです。何が請求できて何が請求できないか詳しく書いていました。
日本国内の移動や夫と別行動のPCS時はかなり自分で払ったのもあります。PCSとはこんなものかと思っていました。

そして、軍に請求できないものは、Tax ReturnのMoving Expenseの項目で申告して減税になる可能性があります。


以上、何か参考になればと思いました。





2016/4/12 23:16 msg# 1.2.1.1.1.1.2
MiraiNaoka  常連 居住地: 東京  投稿数: 120
まだ投稿できるようなので、その後の話です。

手探りの状態でしたが、いろいろ調べて知識も得て、こうあるべきだったと修正申告したものが認められてチェックが送られてきました。待つこと5か月。電話してみたら、近くまできていたのに住所不明(最後の番号入力ミス)でIRSにもどっていました。

電話の対応もよかったので、そのミスはさておき、IRSを見直しました。隠さず、恐れず、こちらがきっちりと申告すればそれに答えてくれると。

アメリカだと申告して3年以内か、税金を払った日から2年以内に修正申告できるとあったので、私たちはもう1年分の修正申告の準備をしています。



2017/7/22 12:03 msg# 1.2.1.1.1.1.2.1
MiraiNaoka  常連 居住地: 東京  投稿数: 120
その後の話です。

もうご存知だと思いますが、日本の「外国税額控除」のことです。

ジョイントで私の日本での収入をForeign Earned Incomeとして申告してますが、今まではForeign Earned Income Exclusion を使って全部の収入が控除されていたと思っていたのですが、子が扶養から外れたら私の収入にもtaxがかけられていることに気づきました。Foreign Earned Incomeを申告している人の所得税の計算式は別口でした。金額を入力するだけでシステムが計算してくれる方法では気づかなかったでしょう。

一つの収入に対して日本とアメリカで二重に課税されているので、どうにかしてこのtaxを減らそう、なくそうと調べてみましたが、米国側では該当する項目がないと判断し、日本側を調べてみたら「外国税額控除」が使えるとわかって確定申告したら受理され、米国側に払った私の収入に対する所得税が還付されました。米側に払った税が日本側の所得税より多い場合は3年まで繰り越せるそうです。

米国に払った証明など全部米側の所得を提示する必要がありますが、このような方法もあるということで投稿しました。









表示切替え:モバイル版