ようこそ、ゲストさん! 登録はここ    よくある質問 サイトマップ ログアウト

アメリカ人妻の専用掲示板サイトです

お役立ち情報

2014年12月11日(木曜日)

アメリカ軍人との結婚手続き

カテゴリー:
- apple @ 19時53分34秒



アメリカ軍人との結婚手続きは、普通の結婚に比べて複雑です。
職種やランクによって差はありますが、3ヶ月はみておいた方がいいと思います。

※ベースやランクにより手続きの方法や期間が異なりますので、詳しくは該当する基地に問い合わせてください。

1リーガルオフィスから結婚に必要な書類一式をもらってきます。手順なども記載されています。

arrow

2マリッジカウンセリングを受けます。
ビデオを見たり、講義を聴いたりします。

arrow

3結婚に必要な以下書類を集めます。

  • 梅毒(RPR)・エイズ(HIV)・淋病(GC)・子宮癌(PAP)・クラミジア(CHLAMYDIA)・ツベルクリン反応(PPD)の検査証明〔基地により英訳不要〕
    ※ツベルクリン反応が陽性ならば胸部レントゲンが必要。
  • あなたの戸籍謄本〔英訳付〕
  • あなたのパスポートコピー

arrow

4上記書類を彼のコマンド上司に提出。〔リーガルオフィスからもらってきた書類にも必要事項を記入の上、提出します。〕

arrow

5上司から承認書をもらう。〔上司の都合などで長引く場合もあります。〕

arrow

6承認書をリーガルオフィスに提出。

arrow

7リーガルオフィスにて婚姻要件具備証明書(Affidavit of Competency to Marry)を発行してもらう。基地によりリーガルオフィスにて英訳をしてもらえる場合があります。

arrow

8市区町村役場にて婚姻届を提出します。

  • 婚姻要件具備証明書〔和訳付〕
  • 彼の出生証明
  • あなたの戸籍謄本
  • あなたの印鑑

※この時苗字を改名するかどうか問われる場合があります。改名期限は半年間です。一度改名すると元の苗字に戻すにあたり、裁判所から承諾を得る必要があります。

arrow

9米軍側のリーガルオフィスにて婚姻証明書を提出。 婚姻証明書 〔英訳付〕です。

arrow

10 ID発行
PSDに赴き、IDを発行してもらいます。
婚姻証明書 〔英訳付〕とパスポート、戸籍謄本および英訳を提出します。
ID発行の際、SSNやTINナンバーを要しますが、婚姻したばかりなのでパスポートナンバーで代用してくれます。
パスポートナンバーの場合、ID期限が短い場合もあります。

身体検査に一番時間を費やしました。

» アメリカ軍人との結婚について掲示板での話題はこちら




2010年1月12日(火曜日)

永住権(グリーンカード取得)までの流れ

カテゴリー:
- apple @ 00時39分04秒




永住権とは外国人がその国の国籍を所持せずとも永住し、労働することができる権利です。アメリカの永住権を取得した場合でも、日本の国籍を保持しつづけることができます。しかし、市民権を取得した場合はアメリカ国籍となるため、基本的に日本国籍を返還する必要があります。
アメリカでは永住権を取得すると、資格証明書グリーンカード(永住者カード、Form I-551)を所持できます。

取得については申請方法が都度変更されていますので、以下のサイトをご確認ください。
米国ビザ申請
http://www.ustraveldocs.com/jp_jp/jp-iv-visaapplyinfo.asp

USCIS

http://www.uscis.gov/green-card/green-card-through-family/green-card-immediate-relative-us-citizen


2008年11月17日(月曜日)

コマンドスポンサーシップの取り方

カテゴリー:
- apple @ 13時07分06秒



コマンドスポンサーシップとは、
海外に住むアメリカ軍人配偶者の扶養手当のようなものです。
たとえば、米軍基地内にて無料で医療を受けられる、海外扶養手当がでる、Yナンバー車を2台所有することができる、などです。

※ベースやランクによって変わりますので、詳しくは該当する基地に問い合わせてください。

1コマンドから(EAOSやPRDを記載するための)用紙をもらってくる。

arrow

2トライケアに行き、コマンドスポンサーのファイルをもらう。

arrow

3基地の病院に行き、注射をうつ。4本も打たれました!痛い!(おたふく風邪、風疹、破傷風、インフルエンザ)打ったあとは、3ヶ月避妊を勧められます。同意書にもサインします。注射の際には、予約はいりませんでした。

arrow

4歯科受付にいって、検査の予約を入れる。

arrow

5歯科で検査を受ける。まずはレントゲンを取ります。この時虫歯があると、町の歯医者で治すよう指示がでます。親知らずも抜くよう指示があります。

arrow

6虫歯がある場合は町の歯医者で治す。虫歯1本親知らず2本抜歯で1週間かかりました。

arrow

7再び歯科に行き、再検査を受ける。
この時、コマンドスポンサーのファイルを忘れないように。再検査でOKが出ると、歯医者からサインをもらえます。

arrow

8オーバーシーズスクリーニングを受ける。血液検査があります。また、婚姻の際、ツベルクリンの検査をしていない場合は、レントゲンを撮られます。ツベルクリンにて陽性の場合(日本人はほとんど該当)薬の処方があります。

arrow

9上記3〜8迄全て終わった場合(順序は構わないようです)、トライケアに行きます。トライケアにて最終的なサインの用紙をもらい、夫のコマンドに用紙を提出します。

arrow

10夫のコマンドにてCO(ランクの高い上司)等によるチェックがあり、サイン済みの用紙を渡されます。サイン済みの用紙を該当部署(パスポートなどを認可するところ)に持っていき、コマンドスポンサーレターをもらいます。

1ヶ月近くかかりました。

虫歯がなく、予約がスムーズに取れれば、2〜3週間で済むかもしれません。
がんばってくださいね。




14 queries. 0.074 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

表示切替え:モバイル版