ようこそ、ゲストさん! 登録はここ    よくある質問 サイトマップ ログアウト

アメリカ人妻の専用掲示板サイトです

お役立ち情報

2008年11月17日(月曜日)

コマンドスポンサーシップの取り方

カテゴリー:
- apple @ 13時07分06秒



コマンドスポンサーシップとは、
海外に住むアメリカ軍人配偶者の扶養手当のようなものです。
たとえば、米軍基地内にて無料で医療を受けられる、海外扶養手当がでる、Yナンバー車を2台所有することができる、などです。

※ベースやランクによって変わりますので、詳しくは該当する基地に問い合わせてください。

1コマンドから(EAOSやPRDを記載するための)用紙をもらってくる。

arrow

2トライケアに行き、コマンドスポンサーのファイルをもらう。

arrow

3基地の病院に行き、注射をうつ。4本も打たれました!痛い!(おたふく風邪、風疹、破傷風、インフルエンザ)打ったあとは、3ヶ月避妊を勧められます。同意書にもサインします。注射の際には、予約はいりませんでした。

arrow

4歯科受付にいって、検査の予約を入れる。

arrow

5歯科で検査を受ける。まずはレントゲンを取ります。この時虫歯があると、町の歯医者で治すよう指示がでます。親知らずも抜くよう指示があります。

arrow

6虫歯がある場合は町の歯医者で治す。虫歯1本親知らず2本抜歯で1週間かかりました。

arrow

7再び歯科に行き、再検査を受ける。
この時、コマンドスポンサーのファイルを忘れないように。再検査でOKが出ると、歯医者からサインをもらえます。

arrow

8オーバーシーズスクリーニングを受ける。血液検査があります。また、婚姻の際、ツベルクリンの検査をしていない場合は、レントゲンを撮られます。ツベルクリンにて陽性の場合(日本人はほとんど該当)薬の処方があります。

arrow

9上記3〜8迄全て終わった場合(順序は構わないようです)、トライケアに行きます。トライケアにて最終的なサインの用紙をもらい、夫のコマンドに用紙を提出します。

arrow

10夫のコマンドにてCO(ランクの高い上司)等によるチェックがあり、サイン済みの用紙を渡されます。サイン済みの用紙を該当部署(パスポートなどを認可するところ)に持っていき、コマンドスポンサーレターをもらいます。

1ヶ月近くかかりました。

虫歯がなく、予約がスムーズに取れれば、2〜3週間で済むかもしれません。
がんばってくださいね。




コメント

このコメントのRSS

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

13 queries. 0.024 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

表示切替え:モバイル版